こどもの総合クリニック
    どいこどもクリニック
小児科・小児外科
*アレルギー疾患
*乳幼児健診・予防接種
*湿潤療法(熱傷・外傷)
*便秘改善
  各種ご相談ください

院長 医学博士   土居 治
ホームページ 入り口
順番予約
クリニック しょうかい
家庭看護まめちしき
予防接種
地図 アクセス
絵


PhotoAlbum
ハート こんにちは!
当クリニックでは、こどもの病気を 内科的疾患から外科的疾患
小児泌尿器疾患を含めて 専門医として総合的に診察しています。
やけどやお怪我への湿潤療法、便秘の治療にも積極的に取り組んでいます。
初めてご来院の方へ 地図・診察時間  順番予約

  

・ クリニックだより
受診される前に(全ての患者様へのおねがい)
新型コロナ(COVID-19)ワクチン接種を行っています(無料 要予約)
お子様の耳かきについて(やり過ぎ注意!)
子宮頚がんワクチン接種をお悩みの方へ、おすすめの資料があります!
COVID-19(新型コロナウィルス)について
舌下免疫療法おこなっています(スギ花粉症・ダニアレルギー性鼻炎の方へ)
皮膚炎・乾燥肌にお困りの方へ ~どいこどもクリニックからのおすすめ法~
   

     



代診のおしらせ


 通常、下記診察日は森先生による代診となります。 よろしくお願いいたします。

木曜日 午前診

(第三木曜日は土居先生の診察です)


第一&第三土曜日 午前診


最新の休診情報はこちらでも
ご確認いただけます。



 受診されるすべての患者さまへ、 大切なおねがい
 
 全国で姫路市で私たちの身近な場所で、現在、多くの 「新型コロナウィルス感染」が確認されています。
 安全に受診いただくため、皆さまにご協力をお願いしています。

1.
コロナウィルス感染者と接触された可能性のある方
  (家族、友人、 職場、学校など)
2.
発熱、呼吸の苦しさ、ひどい咳、などの症状がある方
3. 祖父母・同居家族など、
周囲の大人に発熱や風邪症状がある方

 上記3項目いずれかに当てはまる方は、あらかじめ
お電話(079-252-5508)か、クリニック正面左側通用口のインターフォンにてご相談いただいた上で、車中および屋外にてお待ちいただけますようお願いします。 診療の順番が参りましたら、お電話にてご案内させていただきます。
 (診療の順番は、治療やご相談の内容により少し前後する場合があります。 申し訳ありませんが、みなさまご理解・ご協力をどうぞよろしくお願いします。)
 


新型コロナ(COVID-19)ワクチン接種を行っていますー
(要予約:無料)

 当院にて新型コロナウイルスワクチン接種を行っています。 予約も当院にて受付中です。  日本でのワクチン接種対象者が5歳以上に拡大され、当院でも5歳から12歳までのワクチン接種を開始しました。 ご希望される方は、日本小児科学会のHPに詳細が載っていますのでご参照ください。
 接種をご希望される方は、お電話にてご予約ください。
 ☎079-252-5508
 
   接種対象者:5歳以上~ (接種券をお持ちの方)
   接種予約:  1回目 ・ 2回目(同時予約)、 3回目(別途予約)
   当院取扱:  ファイザー社製コロナワクチン
    * 他の予防接種との間隔は前後2週間間隔をあけましょう 

   ☆当日持参していただくもの
    ・接種券
    ・予診票
    ・本人確認書類 (マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)
    ・お薬手帳 (お薬を服用されている方)
 尚、ワクチンロスを防ぐために、やむを得ずお日にちを変更させていただく場合も考えられます。 大変申し訳ありませんが、その場合は早めにご連絡させて頂きます。
 ご不明な点はどうぞお気軽にスタッフへお尋ねください。

お子様の耳かきについて(やり過ぎに注意!)ー
 耳垢(じこう、みみあか)は、放置しても大半は自然に外に向かってでてくるようにできています。 そのため、耳かきは通常月に1~2回程度すれば十分です。 耳垢が見えてきたら、短く持った耳かき棒で見えている耳垢を取るようにしましょう。
 日本人の大半は乾いた耳垢が出てきます。 一部の湿った耳垢の人を除いて、綿棒による耳かきはお勧めできません。 綿棒を使うと、せっかく出てきた耳垢を奥に押し戻してしまう事になるからです。  当院でも、適切ではない耳かきで耳にトラブルをおこしたお子様をよくお見かけします。 耳かきのやり過ぎに注意し、短く持った耳かきで耳を傷つけないように気をつけて耳垢を取りましょう。
 



クリニックだより

 


3月は台湾の桜シーズン ツツジやコガネノウゼン バラにカラー・・ 花咲き誇り新緑も美しい季節です
 
2022年 最近のコロナ事情
 昨年末から冬らしい寒さが続いていましたが、野山に少しずつ春の訪れが感じられるようになりました。
 オミクロン株流行によるお子様の新型コロナ感染者が急増し、 厳しい日々が続きますね。 皆さまのご心労もいかばかりかと胸が痛みます。 様々なデータがありますが、感染症学専門の忽那賢志先生(くつなさとし せんせい)によると、2022年2月6日時点のオミクロン株による症状は 【50%以上に頭痛、咽頭痛、鼻水がみられる。 次いで咳、だるさ、くしゃみが多い。 発熱は30%程度。 嘔吐・下痢症状が約10%程度に見られた。】とされています。 コロナの変異を含めて、これからも症状は変化すると考えられますが、お子様に発熱、咳、鼻汁、下痢、嘔吐などのいわゆる「かぜ様症状」が見られた場合には、できれば回復するまで登園・登校は自粛されるのが良いのではと思います。 3月に入り、スギ花粉症が目立つ季節になりました。 花粉症症状もコロナによる症状との区別がつきにくいため、こういった面でもしっかり花粉症対策をしていただけたら幸いです。
 当院では、発熱外来を行っています。 できる限り、症状によるトリアージ(重症度によって治療の優先順位を決める事)も行っています。  医師会でのコロナPCR検査(鼻腔)がひっ迫し、一部クリニックでの検体採取(主に唾液)も始めました。 また、新型コロナワクチン接種にも協力させていただいています。 コロナワクチンはこれまでの12歳以上からでしたが、5歳から11歳も接種可能になりました。 11歳以下の小児でも感染予防効果や重症化軽減効果が期待され、特に基礎疾患のあるお子様への接種が推奨されています。 接種をお考えの方は、日本小児科学会の『5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方』をご参考にしていただければと思います。 オミクロン株による新型コロナ感染者数は峠を越えつつありますが、いまだにお子様の感染者は多くまだまだ油断できません。
 一方、これが21世紀の世界かと驚かされるロシアのウクライナへの侵略戦争が現実のものとなりました。 こちらも、少しでも犠牲者が少なく一刻も早く戦争が終わることを願っています。
 春は様々な花が咲き誇り、子どもたちには、おひな祭りに続き、卒業式、入園・入学式、こどもの日など、大切で楽しい日が続きますね。
 お子様にとって、思い出深い素敵な日々になると良いですね。
 皆様のご健康とご多幸を心より願っています。

               どいこどもクリニックスタッフ一同
                  令和4年(2022年)弥生吉日

  * * * * *

【台北市内湖の桜】 台湾は一足お先に春です!

 台湾より、こんにちは。 台北在住の元クリニックスタッフ中村です。 お久しぶりです。
 こちらのコロナ事情ですが、日本同様オミクロン株の市中感染が起きています。 今年の1月3日に初確認された後、瞬く間に広がり緊張が走りました。 ひとたび感染者ケース(匿名・番号・行動記録)が発表されるとその患者さんと接触した可能性のある人は自宅隔離を余儀なくされました。 小さな幼稚園の教師1名が感染したケースでは同僚・園児・その家族121名が自宅隔離となり、219名がPCR検査を受けました。 こうして一感染者ケースごとに徹底的に感染を追い沈静化し、ワクチンの3回目摂取時期を早め進めることで、3月の新規市中感染者数は2名~8名程度に抑えられています。(3月6日現在)
 3月1日より、マスク着用義務が再び緩和され(店内での飲食・運動中・写真を撮る際などは外しても良い)、入国者への隔離も短縮、7日よりビジネス目的での訪台も解禁されました。 市民生活でも各種イベントが開催されるようになり穏やかな日々を過ごしています。
 そんな中、3月3日朝に突然、台湾全土に及ぶ大停電がありました( 549万戸停電)。 自宅も停電し、学校から緊急連絡があり子供達が帰宅しました。 電気も水も止まってしまったそうです。 信号が消えた街、真っ暗な駅の写真がwebニュースで流れ「戦争が始まった?」「他国のサイバー攻撃?」などと騒がれましたが、原因は火力発電所の人為ミスによるトラブルだったそうです。 ほっとする一方で、ウクライナ同様、今まさに脅威にさらされている国だという事を改めて肌で感じました。 平和な世界になりますように、子供達が安心して大人になれる世の中に変えていけますように、心から望みます。
 台湾の季節は春。 日中は半袖で過ごせる日も増えてきました。 いろいろな情報には気を配りつつ、過ごしやすい貴重な季節を楽しみたいと思います。
 今年中には観光目的の台湾入国も可能になるのではと予想されているそうです。
 いろいろな状況が落ち着いた際には、美味しいもの、美しくどこか懐かしい風景あふれる台湾にまた是非いらしてみてください。 日本人大好きな台湾人の方に会えると思います。
中村


【老梅ビーチ 緑石槽】 台湾の絶景といわれるこの風景が見られるのは春先の数週間のみ。 岩石海岸の「海蝕溝」とよばれる部分が緑の海藻に覆われます。 岩の隙間から海水が吹き出る様子も人気!


【新北市 天元宮と桜】 山の上にあるお宮で5階建ての建物と 菊の花がトレードマークです。 有名なお花見スポットで山桜と吉野桜を 楽しめますが各階からの眺めも良く 春以外のシーズンもおすすめです。



【陽明山の海芋(カラー)】 台北を見渡せて、温泉もあり、牛にも会える陽明山。 いろいろな花や樹、鳥も見られ、アクセスの良さも手伝って お出かけやハイキングに人気のスポットです。 3月~シーズンはカラー。 なんと1本10元(40円弱)で摘んで帰れます!




ー舌下免疫療法をおこなっています(スギ花粉症・ダニアレルギー性鼻炎)ー

 当院にて舌下療法をおこなっております。
 舌下療法とはアレルゲンを含む薬を少量ずつ使用する免疫療法であり長期にわたり症状の改善が期待できる治療法です。 治療法と効果や副反応などを十分にご理解いただいた上で、初回のみクリニックにてお薬を使用していただきます。 その後はご家庭にて1日1回、お薬を使用していただくことになります。 効果が見られる場合は、3年~5年くらい服用していただくと、その後長期間にわたり症状を抑えることができたり、全く症状がみられなくなったりします。
 抗アレルギー剤などによる対症療法とともにスタンダードな治療の一つとなり、 多くの方が舌下療法を開始されています。 ご興味のある方 ・ 治療をご希望の方は、 まずクリニックにてご相談いただきますようどうぞよろしくお願いいたします。


COVIDー19 (新型コロナウィルス)について


                   

 調子が悪い時は

新型コロナウィルス(COVID-19)は、基礎疾患のある方を除くと
元気なお子様は通常、風邪症状で終わることが多いとされています。

クリニックを受診される際は
・咳、呼吸が苦しい
・発熱がある
など気になる症状がある場合は、あらかじめ当院(Tel079-252-5508)までご連絡いただけると幸いです。 症状に応じて、診察を車の中や個室でも行っております。
皆様を守るためにも、すべての方に咳エチケット、しっかりと手洗いや消毒をお願い致しております。

 対策  

・ 水分やお食事、睡眠をしっかりとって疲れがたまらないようにしましょう。
・ 人ごみは出来るだけ避けましょう。
・ マスクは適切に着用し、外出後は手や顔を洗いましょう。
・ 赤ちゃんや小さなお子様はマスクが手に入りにくく、してくれないことも。
  その場合は、手やお顔をこまめに拭いてあげるのも一定の効果があると思います。



 不安なときは

警戒すべき事態ですが、過度に怖がり過ぎることなく、冷静に考えて怖がるようにしてください。 恐怖の感情は大人にも子供にも大きなストレスを与えます。 数ヶ月、数年後に何らかの症状が出るお子さまもいます。
・ コロナ関連報道には過剰に反応せず、子供には出来るだけ見せないようにする。
・ 大人も気持ちをため込まず、誰かに話すようにする。
・ コロナに触れない時間を家族で意図的に作ってみる。

状況や対策は目まぐるしく変わっています。
医師もスタッフも日々新しい情報に目を通し学んでおります。 ご心配事があれば何でもご相談ください。
一緒に乗り超えましょう! フレーフレー!!



 

 はじめまして! こんにちは。

 外国の小学校をイメージした外観に、パステルカラーの
 優しい空間となっております。  
 予約制を導入し、待合いもスペースを設け、ゆったりと
 お待ち頂くことができると考えています。

 順番予約制、感染症のお子様は別ルートでお入り頂ける
 システムとし、健診・お注射のお子さまには、別待合いを
 ご用意いたしております。
  →クリニック院内図(クリニック紹介ページ)
 
 靴をぬいでくつろげる、きっずコーナーもご利用ください。
 快適に受診して頂けるように、スタッフ一同
 笑顔でお待ちいたしております。
 気になることがあれば、いつでもお声かけください。

プレイコーナー
診療時間 診療内容

診療時間

午前 9:00 ~ 12:00
午後 3:00 ~  3:30 
午後 3:30 ~  6:00 
☆(午後 3:00~3:30)は、 予防接種・健診時間とさせていただいております。
ネット予約時間は 9:30~11:30 16:00~17:30です。
休診日    木・土曜日午後   日・祝祭日
こどもの救急HP リンク
時間外にお困りの時は ご参考下さい
小児科・小児外科
健診・予防接種
栄養相談
各種感染症・アレルギー疾患
便秘症・夜尿症
外傷・熱傷(湿潤療法) 等
       

その他、何でもお気軽にご相談下さい。
名称 どいこどもクリニック

住所 〒671-0234
    兵庫県姫路市
    御国野町国分寺
    828

電話 079-252-5508

FAX 079-252-5590
アクセス



【国道2号線】
  御国野交差点
  北すぐ
【播但道】
  花田ICより
  南500m
【姫路バイパス】
  姫路東ICより
  北直進2km
【電車】
  JR御着駅より
  タクシー約5分
詳細な地図へは コチラ
  
Doi Children's Clinic since2002